moimogのんびり日記

ヘルシンキ大学留学生の記録用Blog

フィンランドの教育システムの特徴

みなさん、こんにちは。

最近、ヘルシンキ大学では、新しい授業が始まりました!難しいけど面白い授業が多く、刺激的な毎日を送っています😜

 

今日は、私が授業や学校訪問で学んだ、フィンランドの教育システムの特徴について、政策や文化の視点から紹介したいと思います。

 

f:id:s-snow0120:20181108001245j:image

 

フィンランドの、教育政策の三箇条とは…

1.教育の平等性

2.自治体の決定権

3.教育に対する信用の文化       です!

 

 

まず初めに、1.教育の平等性について。

 

フィンランドでは、教育の機会は家庭の背景に関わらず、平等に与えられるべきだという考えが根強くあります。

 

そのため学校は個人の利益を追求し、競争を促す場所ではなく、みんなで学び合う場所だとみなされています。

 

また、先生は修士号をもつ教育のエキスパートで、生徒を比較して評価するのではなく、生徒の学びをサポートしながら導いていく役割を担っています。

 

競争より、平等に与えられた機会を生徒がどう生かすか。を重視する教育だといえます😊

 

f:id:s-snow0120:20181108002431j:image

 

2.自治体の決定権について。

フィンランドでは、国のカリキュラムに加え、地域自治体がある程度、教育方針に関する決定権を持っています。

 

例えば、学校の校長や先生が協力して、授業の方法や生徒の評価方法、財源の使い道などを話し合って決めることができます。

 

そのため、それぞれの学校に個性があり、生徒は自分に見合った学校を選んで進学します。

 

f:id:s-snow0120:20181108002530j:image

 

また、フィンランドでは、10年ごとに国のカリキュラムが変革されています。

これは、それぞれの自治体による意見を聞いて、さらに改善しようとする姿勢を示しています😍

 

最後に紹介するのは、

3.教育に対する信用の文化について。

 

フィンランドには、教育に対する厚い信頼があります。

1つめに、国の最優先事項としての教育施策への信頼。

例えば、フィンランドでは私立学校がほとんど存在しません。

数少ない私立学校も、国から補助金を受け、国のカリキュラムを採用しているため、すべての国民が国の教育政策を良くする責任を持っています。

f:id:s-snow0120:20181108001433j:image

第二に、教師に対する信頼。

上の図は、教師に対する信頼のランキングを表しています。

先ほど学べたのですが、フィンランドで教師になるには、大変な努力が必要です。

 

だからこそ、専門性を身につけた教師に対する親や社会からの信頼は非常に厚いです。

 

また、生徒も一個人として、学校の中で尊重されていると感じます。

基礎教育の中では国による統一テストがなく、生徒たちは日々の学習成果によって評価されています。

 

このような、あらゆる方面での教育に対する信頼がフィンランドの教育制度の成功を支えているのではないかと思います。

 

3つの特徴、いかがでしたか?

 

教育政策を知ることは、その国がどんなことに価値を置いているのかを判断する1つの良い手段だと思います。

 

日本のゆとり教育が失敗したように、根底にある価値を理解しないまま、ただ授業数を減らすなどの施策は逆効果になると思います。

 

もっと教育への議論が増えるといいなぁと思う今日この頃です。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポーランド旅行〜クラクフ編

 

こんにちは。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、いかがお過ごしですか。

 

ヘルシンキでは、雪が降りました☃️

私は寒いのが結構好きなので、本場の冬を経験するのが楽しみです♫

 

今回は、ポーランド旅行記🇵🇱第2弾。

クラクフ編です。

 

クラクフポーランドの古都で、日本でいう京都のような長い歴史を持つ都市です。

 

f:id:s-snow0120:20181104074200j:image

 

レンガ造りの建物とたくさんのカトリック教会が、その長い歴史を感じさせる街でした。

 

最初に向かったのは、聖マリア教会。

ステンドガラスの窓が敷き詰められていて、今まで見た中で最も美しい教会でした。

写真を撮れなかったのが残念…😭


f:id:s-snow0120:20181103194957j:image

 

これはバベル城という、ドラゴンの伝説があるお城へ向かう並木道です。

 

紅葉シーズンだったため、歩くのが楽しくなるような、素敵な道でした🍁


f:id:s-snow0120:20181103194935j:image


夜は、ポーランド好きの友達に勧められたオーケストラへ。

 

ここは織物会館の前にある小さな教会で、毎日6時からコンサートをしているそうです。

 

音楽に疎い私ですが、クラシックバレエをしていたこともあって、知っている曲が多くて楽しめました😍

 

本場の音楽家のダイナミックな演奏を聴けて、大満足の1日目が終了。

 

2日目は、私がポーランドで1番行きたかった場所、アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所へ。

 

f:id:s-snow0120:20181104065101j:image

 

働けば自由になれる、と書かれた門をくぐると、番号が振られた異様な雰囲気の建物が並んでいました。

 

事前に依頼していた英語のツアーガイドさんが、全ての場所を案内してくださいました。


f:id:s-snow0120:20181104065227j:image

 

建物の中には、犠牲者の方々の顔写真、履いていた靴、髪の毛、トランクケース、住んでいた部屋などの展示が。

 

日用品の展示をみると、ニベアのクリームや、ブラシがあり、彼らが本当に働けば自由になれると信じて、ここへやってきたという事がわかりました。


f:id:s-snow0120:20181104065023j:image

 

その願いは叶わず、人々は選別され、ガス室行きか、厳しい労働の日々。


f:id:s-snow0120:20181104070604j:image

 

ここは、たくさんの人が処刑された場所だそうです。

彼らが最後に見た光景は、今も変わらずそこにありました。

 

私がここに来て感じたことは、歴史を知っていても、実際にその場所に行ってみないとわからないことがたくさんあるということです。

 

例えば、私たちが訪れたのは秋ですが、労働者が寝ていたバラックにはすでに冷たい風が入ってきていて、寒い冬を十分な食事と防寒具なしに生き抜くのは、ほぼ不可能な環境でした。

 

ほとんど色がない収容所を出た後、周りに咲いていた色鮮やかな花を見て、人間が作り上げた負の遺産の残酷さを感じました。

 

その後、私たちは同じツアーバス世界遺産の1つであるヴィエリチカ岩塩坑へ。

 

その昔、海の中にあったこの地域は、塩の発掘所として栄えていました。

 

f:id:s-snow0120:20181104071942j:image

 

地下へと続く階段を降りていくと、塩で作られた美しいシャンデリアが⭐️

 

この場所は礼拝堂で、ここで働いていた人たちにとって大切な信仰の場所だったようです。

 

昔は貴重品だった塩も、今ではほとんど価値がないため、発掘作業は行われていませんが、観光地としてたくさんの人が訪れる人気スポットになっています。

 

人類の長い歴史を感じた長い1日...

 

ポーランドに行く際は、ガイドをつけて世界遺産を観光されると、より深い知識が得られると思います。

 

帰りは可愛いポーランド食器を買って旅終了😊

 

f:id:s-snow0120:20181104074929j:image

 

毎日、このあたたかみのある食器でご飯を食べると、幸せな気持ちになれます😍

 

ポーランド旅行記、第2弾 クラクフ編。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

ポーランド旅行〜グダンスク編

 

こんにちは。

私は今、大学の秋休み1週間を使ってポーランドに来ています😊

 

ポーランドに来た理由は、フィンランドから行くのに 最も安い旅先だったから!笑 

航空券は、往復で45.18ユーロ(大体5500円くらい)で、トゥルク空港からグダンスク空港へ飛び立ちました。

 

友達のテストが終わってすぐ出発し、夕方にグダンスクに着いて真っ先に向かったのはお寿司屋さん!笑🍣

 

ヘルシンキにもお寿司屋さんはありますが、高いので頻繁に行くことはできません。

美味しいお寿司を海外で食べることができて大満足で1日目終了( ̄▽ ̄)

 

2日目はゆっくりまち歩き😊

グダンスクはポーランド最大の港湾都市で、琥珀の生産地でも知られています。

 

f:id:s-snow0120:20181027051253j:image

 

川に面したカラフルな建物がひしめき合った街並みは、これぞヨーロッパ!といわんばかりのステキな風景でした。

 

観光シーズンは終わったようで、街は閑散としていました。でもちょっと薄暗くて雨が降っている風景もまた、美しかったです。

 

そしてポーランド雑貨店へ🇵🇱

こちらのお店はメイン通りのすぐそこにありました。

食器がとてもかわいくて、何時間でも要られそうな空間、、❣️

f:id:s-snow0120:20181101220326j:image
f:id:s-snow0120:20181101220321j:image

こういうちょっと変な顔の置物もたくさん😍

なんとも言えない表情に、旅の疲れが癒されました笑

 

そしてお昼ご飯の時間☺︎

サーモンスープとロールキャベツを食べました!コンソメ味で、美味しかったです。

f:id:s-snow0120:20181101220848j:image
f:id:s-snow0120:20181101220904j:image

 

そして最後に、第二次世界大戦博物館へ。私がポーランドに行ってみたかった理由の1つが、第二次世界大戦の歴史を肌で感じるためでした。

 

博物館の外装がすごく現代的で、最初見た時は、博物館だと気づかないほどでした😂

 

f:id:s-snow0120:20181101221258j:image

ラッキーなことに、その日は無料開放日だったため、中にはたくさんの人が🌟

 

f:id:s-snow0120:20181101222126j:image

博物館には、

ナチスがどのようにポーランドへの侵略を行なったのかを表す地図、

第二次世界大戦中のヨーロッパ各国の動きを記録したビデオ、

戦時中に作られたプロパガンダポスターなど

様々な形で歴史を知る展示物がありました。

 

ヨーロッパだけではなく、日本のコーナーもありました。日本の侵略の歴史、主要人物、現物サイズの原子爆弾の模型など、

f:id:s-snow0120:20181101221251j:image

日本人なら知っておかなければならない歴史を海外の目線から学ぶことができました。

 

グダンスク に行く際は、ぜひ訪れてみてください。

 

その後、私たちはポーランド国民食、ピエロギをお腹いっぱい食べて、次の目的地クラクフに向かって夜行バスで移動🚍

 

私は基本的に、どこでも寝られるので道中、爆睡でした😂笑

 

次の記事では、クラクフでの思い出を書いていきたいと思います!

 

長い旅行記でしたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました😊

 

クレイジーな遊園地🎡

 

みなさん、こんにちは。

今日は私のお気に入りのフィンランドの遊園地、linnanmäkiについて書きたいと思います。

 

こちらの遊園地は、入場料が無料で誰でも入ることができます😊

アトラクションに乗るにはお金がかかりますが、試してみる価値ありです!

 

↓こちらは私の一番のお気に入りのアトラクション!直角に落ちていくため、スリル満点で何度も乗りたくなっちゃいます。

 

f:id:s-snow0120:20181024091918j:image

 

そのほかにも、クルーのお兄さんが最後部で立ったまま落ちていくローラーコースターや、360度平行に回り続けるアトラクションがあり、日本では考えられないようなクレイジーな体験をすることができます😊

 

ただ、残念ながらlinnanmäkiは冬の間は営業していないため、先週、最後の営業日に友達と行ってきました。

f:id:s-snow0120:20181024093436p:image

 

イルミネーションで飾られた園内はとても綺麗で、特にアトラクションから見える景色は特に美しかったです。

 

フィナーレには、花火が上がり、みんな盛り上がっていました😍

f:id:s-snow0120:20181024093456p:image

花火を見ると、夏の終わりを感じますが、今回の花火は秋の終わりを感じさせるものでした。

 

ヘルシンキ、どんどん寒くなっていますが、乗り越えられるんでしょうか!笑

 

先週、レポートに追われてあまりイベントに参加していなかったので、遊園地で久々に気分転換ができてよかったです♫

 

勉強と遊び、うまく両立させながら寒い冬も楽しく乗り越えていきたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!😀

 

小学校訪問の話🏫part2

 

こんにちは。

前回、自由すぎるフィンランドの学校訪問についてお話ししました。

 

今回は、2校目。

小学校と中学校が合体しているタイプの学校です!☺️

 

こちらの学校では、最初に中学生の子たちが私たちを案内してくれました。

 

ドアが開いていた教室をのぞいてみると、

英語の授業が行われていました。

そして、なんと先生のバースデーパーティーも同時に開かれていました。

 

生徒たちは、ケーキやお菓子をつまみながら教科書の課題に取り組んでいました🍰

分からないことがあると先生のところに行って、話しながら解決!

f:id:s-snow0120:20181021062448j:image

とってもアットホームな雰囲気の教室でした👨‍🏫

 

すると休み時間がスタート!

 

これは以前訪れた小学校でも同じだったのですが、小学生は、休み時間になると必ず外に出なければいけないというルールがあります。f:id:s-snow0120:20181021064544j:image

 

寒くても、色んな遊具を使って元気に遊んでいる子供たちの姿を見てほっこりしました☺️

中学生は中にいてもいい、という謎のルールが面白いっ!

 

その後、数学のクラスや体育のクラスを見学。

こちらの学校には体育科があり、アスリートを目指す子供が文武両道できるよう、体育教育に力を入れているそう。

 

また、この学校には障がいのある生徒が学ぶ教室が10クラスほどありました。

 

一般的に、フィンランドでは生徒の発達に障がいがあっても、大学院を卒業した教育のエキスパートである先生と補助教員がいるので、普通の生徒と同じ教室で勉強しています。

 

ただ、フィンランドのカリキュラムは柔軟で、それぞれの学校に裁量権が与えられているため、様々な違いがあり、一般化できないのが面白いです😄

 

訪問の最後には、校長先生とお話しする機会が。

彼女は国から支給されるお金をどのように使うのかを決め、教師や親と会議をしてより良い学校づくりのために尽力されていました。

 

ただ、教師の給料や働く時間といった働き方を校長が決められないことに不満をもっておられました。

なぜなら、学校の運営会議をする教師たちの負担が給料に見合っていないからです。

 

彼女自身、働きすぎなので来週から休暇を取るわ!と満面の笑み😂

教師が元気でないと、学校に活気がつかないという言葉が印象的でした。

 

また、フィンランドの学校で生徒が携帯を所持することを認める法律についても言及されました。

 

フィンランドでは、教師が生徒の携帯を取り上げることができません。なぜなら、それは生徒の人権を奪うことだと考えられているからです。

 

しかし、携帯があることで授業に集中できない子が増えているそうです。

生徒にどこまで自由を与え、どこから制限するのか。

とても難しい問題だと思います。

 

教育の成功モデルといわれているフィンランドですが、意外なジレンマを抱えていることを知りました。

 

しかし、校長先生は、このような問題を解決するべく、国に交渉していくそうで、より良い教育を実践するための情熱を感じました。 

 

授業内での学校訪問はこれで最後ですが、せっかくフィンランドにいるので、また個人的に他の学校にも訪ねてみたいと思います♫

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校訪問の話🏫part1

みなさん、こんにちは!

ヘルシンキ大学では、そろそろ1学期が終わりを迎えようとしています🍂

 

今日は、今学期取っていた授業の一環で、訪れたフィンランドの学校についてお話ししたいと思います。

授業では、1人1校興味のある学校を選んで訪問することになっていたのですが、私は欲張って2校訪問しました笑

 

なので今回は、私がはじめに訪問した小学校での出来事について、書いていきます。

 

こちらの学校は、幼稚園と小学校が合体したタイプの学校です。久しぶりに小さい子供が走り回っているのを見て、とっても癒されました💕

 

学校に着くと、3年生の女の子Alynaが私たちを案内してくれました。

彼女は英語が流暢に話せるので、学校の案内を任されたそうです。

学校の生徒に対する厚い信頼が伺えました。

 

 

f:id:s-snow0120:20181021024326j:image

こちらの学校は、ほとんどの教室のドアが開いていて、自由な空間がいっぱい😻

空間のデザインは開放的で、机は丸く配置されており、日本の教室とはまた違う光景でした。

 

私たちが訪れた時は自由時間の真っ最中!f:id:s-snow0120:20181021053607j:image

この時間は、何をしてもいい時間。

生徒は宿題をしたり、おしゃべりしたり、絵を描いたり、パソコンで数学の勉強をしたり、

自由に教室を移動して自分のやりたいことをやっていました。先生はただ補助しているだけ。

 

強制されたわけではなく、楽しく学んでいる生徒をみて、幸せな気持ちになりました。

 

Alynaが私たちと一緒にご飯を食べに行きたい!と言ってくれたので、数人の生徒と一緒に給食を食べることに🤤

給食は自由時間に、誰とでも食べに行けるようで、先生が生徒と同じテーブルで食べながら話していたり、色んな年齢の子が一緒に食べていました。

 

3人の男の子たちと同じテーブルに座ると、1人の男の子が、僕は肉を食べないと決めたから今日の給食は食べられないんだ。と言いました。

 

なぜ?と聞くと、動物がかわいそうだから、という男の子。すると、1人は動物は痛みを感じない方法で殺されていると反論。

もう1人は肉を食べるか食べないかは個人の自由だよね、と。

 

みんなそれぞれに自分の考えを英語で伝えていて、彼らの姿に、フィンランドの教育のすごさを感じました。

 

そして最後は、Alynaが私たちと一緒に帰りたい!ということで同じバスに乗り、帰ることに。

ここまでフィンランドの学校の自由さに驚きを隠せない私😵

 

学校はどこまで生徒の行動を把握しているんだろう、どうやって管理してるの?って少し不安な気持ちになりました。

 

ただ、今日1番感じたことは、フィンランドでは、小学生でも自由を扱う時間とスキルを持っているということ。

 

日本とは正反対のような教育システムですが、生徒たちを信頼しているからこそ、そして生徒たちもそれに応える責任を持っているからこそ、成り立っているんだろうなぁと思った学校訪問でした。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドで繋がる縁

 

みなさん、こんにちは。

更新が遅れてしまいましたが、元気にやってます!笑

この1ヶ月、ブログに書きたいことが山積みになって後回しにしてしまっていました💦

 

これからまた少しづつ更新するので、見てくださると嬉しいです☺️

 

今日のテーマは、"フィンランドで繋がる縁"です。

 

実は今週、母がフィンランドに仕事の研修旅行で来ていました🇫🇮

その研修旅行は、高断熱、高機密、高耐震の住宅工法で建てる、デザイン性の高い住宅🏠TRETTIOの北欧研修でした。

f:id:s-snow0120:20181015055518j:image

↑TRETTIO

 

私の父は、一級建築士でこのグループの一員だったため、デザインが好きな母が、北欧デザインを学ぶ研修に参加することになりました☺️

 

最初は、研修ではなく普通に会いにきてくれたらいいのに...と思っていたのですが、メンバーの皆さんがとても優しい方々で、夕食や研修に参加させてもらえたんです。

 

特に、マリメッコの日本人デザイナーの方からのレクチャーに参加させていただけたのは、とても貴重な経験でした🌷

 

その方は最初からマリメッコに就職できたわけではなく、フィンランドで作られた人脈が現在のお仕事に繋がっているというお話をされました。

 

私も、留学中できるだけ多くの人に会い、たくさんの場所に行って自分の感性を磨きたいと感じたレクチャーでした。

 

この様な素敵な機会を与えてくださったメンバーの皆さんはというと、

朝はまだ日が昇っていない時間からサウナに行ったり、走ったり。

昼は研修で色んな所を真剣に見学。

夜は飲み歩く、なんともアクティブな大人でした🧑笑

 

視察のときは真剣な眼差しで学び、夕食のときはユーモアたっぷりな皆さんをみて、私もこんな素敵な人達と仕事をしてみたいと初めて思いました。

 

私は今まで、親以外の社会人の方と会ったり、話したりする機会があまりなかったゆえに、ビジネスは、私利私欲でお金稼ぎというあまり良くないイメージがあったんです。

 

しかし、お客さんが幸せに暮らせる家造りのために真摯に学び、共有されている姿を見て、仕事というものはお客と会社、会社同士、社員同士の厚い信頼関係の上に成り立っているのだと感じました。

 

お客さんのお家が完成したら、感動して涙を流すというお父さんとお母さん。両親がしている仕事は、このコミュニティーにも支えられているんだろうなぁと思いました。

 

この経験から、今まで考えたくなかった就職が、ちょっとワクワクするものに変わりました😇

 

そして、研修で出会った旅行会社の女性のように、学ぶ人を応援し、さまざまな人の縁を広げていく仕事をしたいと思いました。

 

この五日間、感じたことが多すぎて文章がぐちゃぐちゃなのをお許しください。。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました😊